東海高校カヅラカタ歌劇団

男子高校生と中学生が宝塚歌劇に挑戦する東海高校カヅラカタ歌劇団です。 公演案内や活動状況などを紹介していきます。


DVD鑑賞会をしました。

  1. 2014/10/25(土) 23:44:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
今週は朝日新聞の4日連続の記事に、ドデスカ、BSフジのドキュメンタリーと、まさにカヅラカタウィークでした。どれもとても素晴らしくまとめて下さっていました。取材をして下さり、記事や番組を作って下さった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。BSフジのドキュメンタリーは来週と再来週の土曜日にも引き続き放送されます。見逃した方やチャンネルが映らない方のためにネットでの放送も予定されているそうです。朝日新聞もネットの動画で紹介して下さっています。1人でも多くの方に見ていただけることを願っております。
10月24日の金曜日に中間テストを終ええた後、工学院の方々が撮って下さった第12期公演のDVDを団員皆で、講堂にある大きなスクリーンで見ることができました。ちなみに午後の公演です。当日団員は着替えや大道具の転換などで裏でも大忙しでしたので、自分が出た場面はもちろん、自分が出ていない場面も初めて見ることができました。思っていたよりうまくいっていたところや、ここはもう少しこうした方が良かったなと思うところなど、それぞれの団員がいろんなことを感じることができたのではないでしょうか。来年も挑戦する団員達には今年の自分達の公演からもたくさんのことを学んで、来年の公演に繋げて欲しいです。
午後の公演だったので小池修一郎さんの話も再び聞くことができました。改めて凄い方が見に来て下さったのだと実感しました。
また、たくさんの方々に支えて下さって私たち21人が舞台の上で演じることができたのだと改めて実感しました。オーケストラ部の素晴らしい演奏に、キラキラの衣装に大道具、照明やマイクなどの舞台装置などなど…。本当にありがとうございました!
団長、副団長の3人で、皆の見せ場が少しでも多く、皆で踊るシーンなどもあり、楽しくやりたいという思いから選んだナポレオンという演目。歌やダンスが多い分、とてもスケールが大きく難しい演目で、初めはいろいろな方から不可能だとまで言われていました。そんな演目への挑戦に真摯に向き合い、見事やり遂げた団員達はやっぱり凄いと思いました。そして僕ら3人についてきてくれて本当にありがとう!
第12期の皆と集まるのはあと打ち上げの1日だけですが、後輩たちは第13期公演に向かって動き出しています。来年は新たな挑戦がすでに予定されています。とても楽しみですね。今年大きな分岐点を迎えたカヅラカタを、彼らはさらに良い方向に導いてくれると思います。来年以降もカヅラカタ歌劇団をよろしくお願いします。

第12期団長 鈴木健介
スポンサーサイト

<<カヅラカタ歌劇団第13期団長挨拶 | BLOG TOP | BSフジ 一滴の向こう側>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/11/08(土) 23:22:39 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback