東海高校カヅラカタ歌劇団

男子高校生と中学生が宝塚歌劇に挑戦する東海高校カヅラカタ歌劇団です。 公演案内や活動状況などを紹介していきます。


DVD鑑賞会をしました。

  1. 2014/10/25(土) 23:44:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
今週は朝日新聞の4日連続の記事に、ドデスカ、BSフジのドキュメンタリーと、まさにカヅラカタウィークでした。どれもとても素晴らしくまとめて下さっていました。取材をして下さり、記事や番組を作って下さった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。BSフジのドキュメンタリーは来週と再来週の土曜日にも引き続き放送されます。見逃した方やチャンネルが映らない方のためにネットでの放送も予定されているそうです。朝日新聞もネットの動画で紹介して下さっています。1人でも多くの方に見ていただけることを願っております。
10月24日の金曜日に中間テストを終ええた後、工学院の方々が撮って下さった第12期公演のDVDを団員皆で、講堂にある大きなスクリーンで見ることができました。ちなみに午後の公演です。当日団員は着替えや大道具の転換などで裏でも大忙しでしたので、自分が出た場面はもちろん、自分が出ていない場面も初めて見ることができました。思っていたよりうまくいっていたところや、ここはもう少しこうした方が良かったなと思うところなど、それぞれの団員がいろんなことを感じることができたのではないでしょうか。来年も挑戦する団員達には今年の自分達の公演からもたくさんのことを学んで、来年の公演に繋げて欲しいです。
午後の公演だったので小池修一郎さんの話も再び聞くことができました。改めて凄い方が見に来て下さったのだと実感しました。
また、たくさんの方々に支えて下さって私たち21人が舞台の上で演じることができたのだと改めて実感しました。オーケストラ部の素晴らしい演奏に、キラキラの衣装に大道具、照明やマイクなどの舞台装置などなど…。本当にありがとうございました!
団長、副団長の3人で、皆の見せ場が少しでも多く、皆で踊るシーンなどもあり、楽しくやりたいという思いから選んだナポレオンという演目。歌やダンスが多い分、とてもスケールが大きく難しい演目で、初めはいろいろな方から不可能だとまで言われていました。そんな演目への挑戦に真摯に向き合い、見事やり遂げた団員達はやっぱり凄いと思いました。そして僕ら3人についてきてくれて本当にありがとう!
第12期の皆と集まるのはあと打ち上げの1日だけですが、後輩たちは第13期公演に向かって動き出しています。来年は新たな挑戦がすでに予定されています。とても楽しみですね。今年大きな分岐点を迎えたカヅラカタを、彼らはさらに良い方向に導いてくれると思います。来年以降もカヅラカタ歌劇団をよろしくお願いします。

第12期団長 鈴木健介
スポンサーサイト

BSフジ 一滴の向こう側

  1. 2014/10/19(日) 11:41:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
顧問の久田です。

今週は、2学期中間考査で生徒諸君はたいへんですが、マスコミではカヅラカタウィーク^^
すでにお知らせしましたように、
22日(水)~24日(金) 朝日新聞 教育欄 全国版 朝日新聞ウェブサイトでは動画もアップされるとのことです。
24日(金)メーテレ「ドデスカ!」
25日(土)BSフジ「一滴の向こう側」男子高校生が女性を演じる~カヅラカタ歌劇団 3週連続

どのように報じられるのか楽しみです。

カヅラカタ歌劇団 マスコミ関係のお知らせ

  1. 2014/10/06(月) 14:59:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
顧問の久田です。

10月4日(土)の公演に約3,500人の方々にご鑑賞を頂き、多くの皆さまに喜んで頂けましたことを感謝しています。
また、「眠らない男 ナポレオン」の作者・演出の小池修一郎先生にお越し頂き、団長に花束まで頂きましたことは望外の喜びです。

さて、今回の公演に関するマスコミ報道は以下の予定です。

朝日新聞 10月22日(水)~25日(土) 教育欄「いま子どもたちは

メーテレ 10月24日(金) 「ドデスカ!」(6:00~8:00) 「ニッポンど真ん中遺産」のコーナー

BSフジ 10月25日(土)22:00~22:30 「一滴の向こう側
      11月 1日(土)22:00~22:30 「一滴の向こう側
      11月 8日(土)22:00~22:30 「一滴の向こう側
       ※3週連続で「カヅラカタ歌劇団」を取りあげて頂きます。

皆さま、どうぞお楽しみにしてください。



第12期公演を終えての団長挨拶

  1. 2014/10/05(日) 20:53:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
昨日、第12期カヅラカタ歌劇団の公演を終えることができました。午前午後の2回公演でしたが、サテライト会場も含め、どちらの公演もたくさんお客様にご来場頂きました。心よりお礼申し上げます。我々団員は、お客様の暖かい拍手によって最高の思い出を作ることができました。

第12期はこれまでにない団員主体での活動を心がけて夏休み前からこれまで頑張ってきました。とても難しくレベルの高い演目に、これまでにない団員中心の活動によって挑戦できたことを思うと第12期の団員の力や能力の高さが分かります。副団長として団長を支えてくれて、主役として第12期を引っ張てきた佑志郎と伶偉。歌を基本から教えてくれた羽生。ダンスを皆に教えてくれた河口、帆高、侃。柔軟から演技指導まで担ってくれた古田。そして自分に与えられた役や役目を把握し、全力で取り組み、これまで頑張ってきた団員のみんな。本当にありがとう。こんなにも素晴らしい団員の中で団長という大役を務めることができてとても幸せだったし、みんなには感謝しかありません。皆は僕の誇りです。高1以下の団員は来年以降も第12期で作った思い出や学んだことを忘れず、頑張って下さい!

団長としてたくさんの相談に乗って頂き、第12期(第12期に限らず毎年)がうまく活動できるように団員でさえ見えないところでもカヅラカタを支えて下さり、大きな協力をして下さった久田先生、冨田先生、丸子さん。団長の私から見たら欠けることがあってはならないカヅラカタの大黒柱のような存在でした。無事第12期の公演を終えることができましたのもお三方のご協力あってのことでした。本当にありがとうございました。

素晴らしい衣装や大道具を作って下さり、メイクなどもして下さったすみれ会の皆様。また、戴冠式の衣装を作って下さった渡辺さん、荒井さん。ナポレオン、ジョセフィーヌの衣装を作って下さり、すみれ会や団長へのたくさんのアドバイスを下さった渡辺さん。シャンシャンのデザインを考え、作って下さった木戸のお姉様やOBのお母様方。剣やサーベルを作って下さった林さん。…。お客様からは再現度が高いと多くのお褒めの言葉を頂きました。本当にありがとうございました。

照明や花道などの舞台装置やマイクや音響で私たちの舞台をとてもかっこよして下さった工学院の皆様。練習段階から私たちの要求も聞いて下さり、早くから準備して下さいました。皆様のご協力あっての私たちの舞台でした。団員一同改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

10曲以上の楽譜作りの段階から協力してくれて、当日の指揮もしてくれた吉川。また、通し稽古から当日まで休日にわざわざ時間を割いて素晴らしい演奏をして下さったオーケストラ部の皆様。沢田。幕のスムーズな開け閉めをしてくれた貴也。皆様と一緒に舞台を作ってこれたことをとても嬉しく思っています。本当にありがとうございました!

9月の中盤からアドバイス頂いた講師の皆様。皆様の仕上げのアドバイスが団員が作ってきたものをさらに良いものにしてくれました。本当にありがとうございました。

通し稽古から公演当日まで、それぞれの顔を研究して主役級のメイクやその他のメイクをして下さった神田先生と助手の方。本当にありがとうございました。

公演当日のお客様の誘導やパンフレットの販売などして下さったサタプロ実行委員の皆さん。ありがとうございました!

公演当日最も驚いたことは小池修一郎さんが観劇されていたことです。団員も最後に久田先生からの突然の報告があるまで全く知りませんでした。この演目を実際に作られ、たくさんの素晴らしい舞台を手掛ける方に我々の舞台を見ていただくことができてとても嬉しかったです。私たちにとって、とても価値ある経験になりました。

カヅラカタ歌劇団は第12期で素晴らしい活躍を見せた後輩と新たなメンバーを加えて来年以降も活動してまいります。第13期も既に新しい試みがいくつか予定されております。これまで団長として後輩達を見てきて、彼らなら必ずレベルアップしたカヅラカタ歌劇団を皆様にお見せできると確信しております。引き続き皆様からの暖かいご支援をよろしくお願い致します。私もカヅラカタ歌劇団のOBとして、また1人のファンとしてカヅラカタを応援し、見守っていきたいと思います。

目標に向かって一緒に頑張ってきた団員と第12期の活動に携わって下さった方々、公演を見にきて下さったすべての方々との出会いに感謝の気持ちを込めまして、本当にありがとうございました!

第12期団長 鈴木健介

第12期公演の見所

  1. 2014/10/03(金) 16:33:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
いよいよ明日本番の日を迎えます。
これまで団員はもちろん、協力して下さったすべての方々と共に第12期カヅラカタ一丸となって頑張り、充実した日々を送ってきました。その頑張ってきた成果を発揮するべく、当日は全力で取り組みたいと思います。そして当日の舞台がお客様の心に響き、私たちにとって最高の思い出になることを願っております。

さて、今年の見所についていくつかお伝えします。
○演目
・今年の演目は『眠らない男ナポレオン~愛と栄光の涯に~』でございます。この作品は宝塚100周年を記念して作られました。そんな記念すべき年にその年を記念する作品に第12期が挑戦することができてとても嬉しく思っております。ナポレオンの息子(ナポレオンⅡ世)にかつてのナポレオンの部下(グランマルモン)がナポレオンの人生を語っていくことで舞台が進んでいきます。その他の登場人物もナポレオンと共に人生を歩んでいきます。そんなナポレオン以外の役もじっくり見ていただくとより一層この作品にを楽しむことができると思います。また、ナポレオンの歴史を少し調べてからご観劇いただくこともお勧めします。

○ダンス&歌&演技
・今年は基本練習から演目の練習まで団員自ら取り組んできました。各部門においてその能力に長けた団員(かなり専門的)が中心となり、皆で試行錯誤しながら舞台を作り上げてきました。公演当日、お客様に団員たちが舞台上で演じる姿を楽しんでいただければ幸いです。

○舞台
・今年も工学院の方々にご協力頂き、照明やマイクや音響などで舞台を作り上げて頂きます。舞台装置は公演当日のお楽しみです。冨田先生はじめ工学院の学生様、本当にありがとうございます。当日もよろしくお願いします。

○オーケストラ
・今年は劇中の歌やBGMまで合計10曲以上も演奏していただく予定です。楽譜作りの段階から協力して下さった吉川はじめ、オーケストラ部の皆様に感謝致します。ありがとうございます!
公演当日は開演10分前から演奏していただくのでそちらもお楽しみに!

○衣装&大道具&小道具
・本番当日のお楽しみですので詳しいことはお伝えできませんが、すみれ会の方々やOBのお母様方からの大きな協力を頂き、素晴らしいものがたくさん出来上がりました。私たちの舞台をより一層良いものにしてくれることは間違いありません。携わって下さったすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!当日もよろしくお願いします。

○当日の会場の誘導
・座席の配置の段階からサタプロ実行委員の方々に協力していただいております。当日もお客様の出入りや休憩時間に誘導して頂きます。私たちは演じているので分かりませんが、毎年彼らの凄さに驚く声も良くお聞きします。そんなところもカヅラカタの見所になるのではないでしょうか。

○パンフレット
・顧問の久田先生からもお伝えしていますが、今年は公演パンフレットを販売します。是非お買い求めください。

その他にもたくさんの見所があります。また、多くの方々にご支援、ご協力頂いて私たち団員が舞台に立つことができます。団員一人一人が感謝の気持ちを忘れず、ご協力頂いた方々のためにも一生懸命頑張ります!

当日は会場の混乱を防ぐため、席の場所によって出入り口が異なってきます。あらかじめご確認下さい。また、今年は公演後の団員によるお見送りは正門付近で行うことを予定しております。

たくさんの方々のご来場を団員一同心よりお待ちしております。

団長 鈴木健介



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY