FC2ブログ

東海高校カヅラカタ歌劇団

男子高校生と中学生が宝塚歌劇に挑戦する東海高校カヅラカタ歌劇団です。 公演案内や活動状況などを紹介していきます。


お問い合わせ

  1. 2018/09/21(金) 08:20:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
顧問の久田です。

先日、座席指定券、選外通知をお送りしました。

いくつかお問い合わせをいただいています。
FC2ブログの仕様で直接返信できませんので、ここでお答えします。

❶何もはってありませんでした。
 添付忘れで申し訳ありません。数通そうしたはがきがあったようです。
 添付忘れは選外通知を貼り忘れたものです。
 白紙のはがきは選外です。悪しからずご了承ください。

❷2席でお申し込みの方には、同じ番号の座席指定券をお送りしています。
 座席指定券にも書き込んでありますが、講堂は長椅子で1脚4席です。
 煩雑さをさけるために1脚ずつに番号を指定しています。
 もし1席ずつ番号をつけるとなると、手間は4倍になります。
 まちがいではありませんので、ご安心ください。


本番3週間前、明日からまた3連休です。
午前9時~午後6時まで、1日8時間の稽古です。
日曜は3回目の通し稽古。
先週は、ようやく「身体が動いている」程度の状態でした。
今週は、少しは「心」が入ってくることを期待しています。
スポンサーサイト

座席指定券を投函しました

  1. 2018/09/16(日) 16:03:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
顧問の久田です。

本日(9月16日)は衣装を着ての2回目の通し稽古。
名古屋モード学園さんに作っていただいた衣装も着ています。
本番まで1か月をきり、平日は授業後の午後3時30分から午後8時頃まで
休日は午前9時から午後6時頃まで、団員は稽古に励んでいます。
すみれ会(保護者会)も休日はフル稼働。
衣装はほぼできあがっています。

さて、座席指定券の抽選を15日(土)に行いました。
お申し込みをいただいた総数は5,000席を超え、過去最高となりました。
ありがとうございます。

しかし、今年は舞台装置の関係で昨年より着席、立見ともに減らさざるをえなく、
着席1,122席、立見100席、合計1,222席×2回=2,444席の当選となり、
倍率は2.05倍となり、これまでで最も高い当選倍率となりました。
なお、当選倍率は午前、午後、学内、学外すべて同じになるようにしています。

葉書は、本日、投函します。
葉書でお申し込みの皆さんは数日お待ちください。選外の方にも葉書はお送りします。

学校では火曜の朝礼時に担任の先生から渡してもらいます。
なお、学校では座席指定券がもらえなかった=選外となります。
ご了承ください。

座席指定券発券作業にかかる時間はのべ100時間を超えます。
かなり時間のかかる作業ですが、このシステムになって6回目。
多少の習熟をしてきましたので、昨年よりは要領よく作業は進めることができました。

昨年、行けなくなったのでという理由でネットサイトに出品される方がいらっしゃいました。
こうした販売は禁止させていただきます。
当日、来られなくなった方は、どうか返券くださいますようお願い申し上げます。
立見の方に座席指定券をお渡しします。
送り先
〒461-0001
名古屋市東区筒井1-2-35
カヅラカタ歌劇団 久田光政

現在はお客様との信頼関係に基づいて運営しています。
が、万が一にもオークションなどで高額な販売がされるようなことがおきれば、
信頼関係が崩れ、本人確認をするような対策をとらざるをえなくなります。
案)
①座席指定券申込時に、もう一人の観劇される方の名前も記入していただく。
②座席指定券すべてに名前を劇団で記入して、座席指定券をお渡しする。
③入場の際に、本人確認できる顔写真つきのものと座席指定券を提示していただく。
もしもこのような本人確認をするようなことになれば、私たちの発券作業は今の倍はかかると思われます。
また、お客様の入場に2~3時間かかると推測され、座席列毎に入場時間を設定するかと思います。
その場合、一番早い方は、開演3時間前に講堂にお越しいただくようなことになりかねません。
さらに、本人確認のために1日に2回公演ができなくなる可能性もあります。

あるいは、鑑賞は、本校生徒とその家族のみという形にせざるをえなくなるかもしれません。

ほんの一握りの心ない方のために、圧倒的多数の方が迷惑を被ることになります。
座席指定券に販売禁止の旨が書いてあります。
どうか、ネットサイトなどでの販売、オークションはしないでください。

カヅラカタ友の会 法人会員募集

  1. 2018/08/31(金) 11:10:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
顧問の久田です。

カヅラカタ歌劇団を応援するカヅラカタ友の会が3月に発足し、
このたび、友の会のブログがスタートしました。
http://zukatomo.blog.fc2.com/

現在、同会は法人会員のみ募集しています。
ご協力いただける方はよろしくお願いします。


石巻の被災地に「希望の花」を皆さんと咲かせたい~チャリティーのお願い~

  1. 2018/08/29(水) 14:09:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
顧問の久田です。

今回、「東日本大震災復興チャリティーミュージカル」と「冠」をつけました。
「カヅラカタ歌劇団は、お客様とともに、
宮城県石巻市(旧牡鹿町)十八成(くぐなり)浜の被災者の皆さんが進めている
被災地復興のための日本一のアーモンド苑作りに協力したいと考えています。
アーモンド
十八成浜に咲くアーモンド

今、十八成では復興が見えてきているところにきています。

自慢の美しい砂浜は水没 限界集落の被災地
宮城県石巻市(旧牡鹿町)十八成浜。
石巻市の中心部から車で約1時間。
ほとんどの住民が高齢者の過疎の限界集落。
かつては鳴き砂浜の海水浴場だった牡鹿半島の先端にある十八成浜。
砂粒が真っ白で、細かく美しい砂浜。
遠浅で、波の静かなきれいな海。
しかし、その砂浜は地震と津波で海の中に沈んでしまいました。

被災者が地元の復興プランを策定
その十八成浜で、被災者は一般社団法人十八成ビーチ海の見える丘協議会(十八成協議会、会長:沼倉憲一氏)を結成。
被災者に寄り添った復興住宅とするように石巻市と交渉を重ね、牡鹿半島ではいち早く復興住宅を実現させました。
また、十八成浜の復興プランを立案し、困難を抱えつつも少しずつ実現に向かっています。

十八成浜復興プランの第一は、美しい砂浜の再生
砂浜再生は、紆余曲折の末、行政の公式復興計画となり、2020年に完成の予定です。

復興プランの第二は、日本一のアーモンド苑建設
震災以前、十八成浜は広い敷地の家が多く、たくさんの花が庭に咲き誇っていました。
十八成協議会中心メンバーの阿部恭一さんが、桜を植えて、美しい花が咲く十八成浜にしたいと発案。
十八成協議会は、バラ科サクラ属で、桜によく似た花を咲かせるアーモンドを植えることを考えました。

アーモンドの花言葉は「希望」。 
この花言葉が十八成協議会の心をつかみました。 
被災した限界集落に「希望の花」を咲かせたいと。

そこで、十八成協議会はアーモンド苗木のオーナーさんを募集。
現在約660本のアーモンドを、地域住民の土地を借りて植樹しています。
しかし、植えればいいというものではありません。

第1の問題は、鹿害
現在のアーモンド苑は借地です。
そのため、コンクリートで基礎を作り、高さ数メートルの鹿害対策フェンスを建てられません。
網を強く張って鹿害ネットにしていますが、
同時期に石巻市内中心部で植えられたアーモンドより生育が劣っています。
十八成協議会がアーモンド苑用地を自前で持つことができれば、鹿害対策はクリアできます。
現在、アーモンド苑用地にと考えている野球場ほどの広さの土地で、350万円ほどではないかといわれています。

第2の問題は、協議会活動経費
前述のメンテナンスには経費が必要です。
さらに、一般社団法人として納税の義務もあります。
活動当初の寄付が減り続けているのが現状です。

第3の問題は、アーモンド苑のメンテナンスと、その継続性
阿部恭一さんは60歳代ですが、限界集落の十八成では若手。
ほぼ毎日一人で、アーモンド苑のパトロール、網の補強や草刈や水遣り、肥料や消毒など草刈を
ボランティアで続けています。
手伝うよという方々はいらっしゃいます。
が、皆さん高齢で、なにかしらの疾患を抱えていらっしゃいます。
気持ちだけ受け取らせてもらいますと、阿部さんは一人で活動しています。
阿部さん一人だけに背負わせてはならないと、毎月10人ほどの有志の方々が、愛知から通い続けています。
阿部さんは自分に何かあって世話ができなくなったら 
アーモンド苑は朽ち果ててしまうのではないだろうかと、
アーモンド苑の継続性について心配しています。

皆さまからお寄せいただくご寄付は、全額十八成協議会に寄付させていただきます。
これで、課題の2はクリアできます。

十八成協議会はアーモンド用地買収を決めてはいません。
資金面の問題、資産をもつことの是非などがあるからです。
私が定年退職する2021年までの4回の公演で、用地買収できるくらいの寄付を集められないかと思っています。
もしカヅラカタ公演で用地買収ができるほどの寄付を集められ、
その寄付でアーモンド苑用地を買収できたら、
「東海高校中学カヅラカタ歌劇団 くぐなりアーモンド苑」(仮称)という名称にさせてもらえないかなと
私は夢をふくらませています。
そうすれば、用地買収できれば、課題の1はクリアできます。

課題の3はアーモンド苑が進んでいく中で見えてくることと期待しています。


復興とは
がれきがなくなり、復興住宅ができ、立派な道路ができて、できあがりというものではありません。
被災者は、ずっと住み続けられると思っていた先祖伝来の家と、家の中にあったすべてのものを流されました。
被災者は、仕事をなくし、大切な人たちを喪くしました。
『生きていくのが辛い』と、今も多くの被災者が呟いています。

復興とは、被災者が将来の目標を、希望を、持てるようになってこそと思います。

今、美しい砂浜と美しいアーモンドの花で、被災地十八成浜の復興をハード面から支えられそうな状況です。
砂浜とアーモンド苑ができれば、目標や希望を持てるわけではありません。
多くの皆さんの応援でアーモンド苑が実現すること、
つまりその応援こそが被災者の目標や希望につながっていきます。


だからこそ、皆さんとともに、東日本大震災被災地の復興を応援し、実現させていきたいと考えています。

そして、東日本大震災被災者にとどまらず、辛いことを背負った方々が、
「ここに来ると、なぜか心が軽くなれる」という十八成浜にしたい
と十八成協議会のメンバーは思っています。

皆さんとともに、皆さんのお力で、「希望」の花を、十八成浜に、
そして被災者の心の中に咲かせませんか。


当日は、団員やスタッフが募金箱をもって、みなさんに募金を呼び掛けます。
当日は、十八成協議会のメンバーが、皆さんにお願いしたいと駆けつける予定です。

どうぞ皆さんのご協力で、被災者の応援をお願いしたいと思います。

寄付金額はもちろん任意ですが、
1口2,000円をご寄付してくださった方には、
十八成白山神社のお守りや、その他のスペシャルなものを返礼品とさせていただきます。

なお、このブログをお読みの方で、当日は観劇とは別に、
ご寄付(1口2000円)をしていただける方がいらっしゃいましたら、
久田(vxq12@yahoo.co.jp)までご連絡ください。
12936682_10205794518002070_874977248902707972_n.jpg
十八成の青空とアーモンド

12923173_508786495990368_6636172508851637305_n.jpg
網で手作りした鹿よけフェンス

アーモンド2
メ~テレのインタビューに答える阿部恭一氏

第16期公演 東日本大震災復興チャリティーミュージカル「ロミオとジュリエット」座席指定券のご案内

  1. 2018/08/20(月) 17:31:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
座席指定券申し込みについてのお知らせです。
東日本大震災復興チャリティーミュージカル 「ロミオとジュリエット」
公演 10月13日(土)
 午前の部 開場09:00  開演09:45  終演13:00(予定) 休憩20分
 午後の部 開場13:45  開演14:30  終演17:45(予定) 休憩20分
 会場 東海高校 講堂
 演奏 東海学園オーケストラ部
 席数(各部とも) 
  指定席=約1,000席
  立見席=約200席
  サテライト生中継:視聴覚室=約100席、スタディーホール=約200席)
   ※カメラ3台を切り替えての生中継です。
     臨場感にはかけますが、アップやロングなど異なったアングルからご鑑賞いただけます。  

全席座席指定券を発行します。
入場は無料です。

【学外の方のお申し込み方法】
「往復はがき」で、以下のことをご記入の上、お申し込みください。
往信はがき裏
○郵便番号・住所
○氏名
○希望時間帯(午前の部、午後の部、どちらでもよい)
○講堂内の座席指定券がはずれた場合に、サテライトを希望するかどうか
○希望席数(2席まで)

返信はがき表
※往復はがきは62円×2です。古い往復はがきを使用される場合は必ず不足分の切手をお貼りください。料金不足の場合は無効とさせていただきます。
○郵便番号・住所
○氏名
※返信はがきの裏に座席指定券を添付します。
ご自身の住所氏名を書かれたその裏側は何も書かないでください。
返信通信面に座席指定券を添付します。まちがいの場合は無効とさせていただきます。

 
送り先
〒461-0003
名古屋市東区筒井1-2-35
東海高校 カヅラカタ歌劇団
受付期間 8月22日(水)~9月12日(水)

お一人様はがき1枚に限らせて頂きます。お一人ではがき2枚以上のお申し込みされた方はすべて無効とさせて頂きます。
座席指定券の発行は手作業で行っています。
記載事項不備の方の確認をとる作業は大変な時間と労力を必要とします。
記載事項不備の方はすべて無効とさせて頂きます。
ご投函前に記載事項の確認をお願いします。


【学内=在校生の方のお申し込み方法】
9月3日(月)に学内用の申込書を全校生徒に配布します。
締切:9月12日(水)午後5時
必要事項を正確にご記入の上、中学・高校各職員室入口の所定の申込書入れに入れてください。

座席指定券の発券・発送は、9月20日(木)前後を予定しています。

チャリティーについては、今後のブログで紹介させていただきます。


10月公演 ミュージカル 「ロミオとジュリエット」 配役発表

  1. 2018/06/02(土) 11:12:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
顧問の久田です。
 
5月31日(木)に団内オーディションを実施しました。
実は団内オーディションは今回でまだ4回目です。
これまでは団員たちの中でなんとなく大方のキャスティングが決まっているものの、団員間で調整がつかない役についてのオーディションに近い感じでした。
しかし、今年は違いました。一人で2役以上のエントリーするのをルールとしました。
また、この役以外には自分は嫌だと思うなら、劇団として成り立たないので、もしそう考えている団員がいれば、オーディションを受ける前に退団してほしいと伝えました。
 
希望者が多い役は、ベンヴォーリオ=7人、死=6人、ヴェローナ―大公=4人。
どの役もエントリーした団員が誰でも構わないのではないかと思える出来栄えで、
団員たちがかなり練習を重ねてきているのが感じられました。
他の顧問、指導して頂いているメリー・アーティスト・カンパニーの先生方の意見を伺い、団員の投票も参考にしつつ、以下の通りにキャスティングをしました。
ロミオ:近藤慎太郎(H2)
ジュリエット:矢木俊也(H2)
ティボルト:阿部隼也(H2)
マーキューシオ:櫻井響(H1)
ベンヴォーリオ:神野了輔(H2)
モンタギュー卿:尾嶋倫太郎(H2)
モンタギュー婦人:石井淳平(H2)
乳母:増田拓真(H2)
キャピュレット卿:森島明隆(H2)
キャピュレット夫人:岡山将士(H2)
パリス伯爵:竹田謙太郎(H2)
ヴェローナ大公:中濱紀世(H2)
ロレンス神父:前津瑳祐(H1)
死:段下幸太郎(H2)
愛:山口隼矢(J3)
フラメンコの女:日江井昭吾(H1)
ジョン : 湯浅照輝 (H1)
モンタギュー男 : 湯浅照輝(H1) 坂井春樹(H1)長崎一晃(H1)
モンタギュー女 : 松本陵汰(J2) 多賀日向(J1)
キャピュレット男 : 山本智天 (H1) 竹内健人(J2) 内田康夫(J2)
キャピュレット女 : 日江井昭吾(H1) 伊東和真(J2)
ピーター : 内田康夫(J2)
自分の第一希望の役につくことができた団員はわずか5人。
オーディション後に「悔しいです。僕のどこがよくなかったんですか」と泣きながら尋ねてきた団員もいました。
おそらく大半の団員はオーディションの夜、悔し涙を流したはずです。それだけ真剣に練習を重ねて団員たちはオーディションに臨みました。
 
オーディション後、職員室で数人の教員に、高校時代に悔し涙を流したことってある?と尋ねました。私はありませんし、「大学落ちた時でも泣いていませんね」と答える教員など、誰も痛烈な挫折体験はもっていませんでした。そうした経験のない人間がいうのは説得力に欠けるかもしれませんが、団員たちが流した悔し涙は必ずやこれからの人生の中でいい結果につながっていくものだと思っています。
 
そして、10月13日の公演終了後に、うれし涙を流せるように、4か月間稽古を重ねていくことを期待しています。
 
 

10月公演 ミュージカル 「ロミオとジュリエット」 配役発表

  1. 2018/06/02(土) 11:12:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
顧問の久田です。
 
5月31日(木)に団内オーディションを実施しました。
実は団内オーディションは今回でまだ4回目です。
これまでは団員たちの中でなんとなく大方のキャスティングが決まっているものの、団員間で調整がつかない役についてのオーディションに近い感じでした。
しかし、今年は違いました。一人で2役以上のエントリーするのをルールとしました。
また、この役以外には自分は嫌だと思うなら、劇団として成り立たないので、もしそう考えている団員がいれば、オーディションを受ける前に退団してほしいと伝えました。
 
希望者が多い役は、ベンボーリオ=7人、死=6人、ヴェローナ―大公=4人。
どの役もエントリーした団員が誰でも構わないのではないかと思える出来栄えで、
団員たちがかなり練習を重ねてきているのが感じられました。
他の顧問、指導して頂いているメリー・アーティスト・カンパニーの先生方の意見を伺い、団員の投票も参考にしつつ、以下の通りにキャスティングをしました。
ロミオ:近藤慎太朗(H2)
ジュリエット:矢木俊也(H2)
ティボルト:阿部隼也(H2)
マーキューシオ:櫻井響(H1)
ベンヴォーリオ:神野了輔(H2)
モンタギュー卿:尾嶋倫太郎(H2)
モンタギュー婦人:石井淳平(H2)
乳母:増田拓真(H2)
キャピュレット卿:森島明隆(H2)
キャピュレット夫人:岡山将士(H2)
パリス伯爵:竹田謙太郎(H2)
ヴェローナ大公:中濱紀世(H2)
ロレンス神父:前津瑳祐(H1)
死:段下幸太郎(H2)
愛:山口隼矢(J3)
フラメンコの女:日江井昭吾(H1)
自分の第一希望の役につくことができた団員はわずか5人。
オーディション後に「悔しいです。僕のどこがよくなかったんですか」と泣きながら尋ねてきた団員もいました。
おそらく大半の団員はオーディションの夜、悔し涙を流したはずです。それだけ真剣に練習を重ねて団員たちはオーディションに臨みました。
 
オーディション後、職員室で数人の教員に、高校時代に悔し涙を流したことってある?と尋ねました。私はありませんし、「大学落ちた時でも泣いていませんね」と答える教員など、誰も痛烈な挫折体験はもっていませんでした。そうした経験のない人間がいうのは説得力に欠けるかもしれませんが、団員たちが流した悔し涙は必ずやこれからの人生の中でいい結果につながっていくものだと思っています。
 
そして、10月13日の公演終了後に、うれし涙を流せるように、4か月間稽古を重ねていくことを期待しています。
 
 

2018年 秋の本公演ラインナップ 【東海高校講堂】ミュージカル 「ロミオとジュリエット」

  1. 2018/05/02(水) 10:24:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
団長の矢木です。
4月29日の新人公演 ショー・イリュージョン「HOT EYES!!~KAZURAKATA ver.~」にお越しくださいました皆さん、ありがとうございました。
新人公演の際に、皆さんに秋の本公演は「ロミオとジュリエット」に挑戦しますと発表しました。
ミュージカル「ロミオとジュリエット」は、2001年にパリで初演され、ジェラール・プレスギュルヴィックが作詞・作曲しました。
カヅラカタ歌劇団では、2013年に11期が上演。
それまでの任意団体から演劇部(カヅラカタ歌劇団)として学校の公式クラブになり、
記念祭(文化祭)から独立し、1日2回公演となった年の記念すべき作品です。
宝塚歌劇団では、
2010年 星組
2011年 雪組
2012年 月組
2013年 星組が上演しました。
東宝では、2011年、2013年、2017年に上演され、2010年代を代表する人気ミュージカルです。
400年経った現在でも語り継がれているウィリアムシェイクスピアの不朽の純愛物語。
舞台はイタリア北部にある花の都、ヴェローナ。
代々憎しみあってきたキャピュレット家とモンタギュー家。
両家の争いにうんざりしていたヴェローナ大公は、今後市街で争いを起こした者は死刑に処すと命ずる。
そんな両家の対立をよそに、モンタギュー家の若きロミオとキャピュレット家のジュリエットは、
キャピュレット家の仮面舞踏会で出会い、一目で恋に落ちてしまう…
フレンチロックとホップなダンスに乗せてお届けするラブストーリーを、ぜひ東海高校講堂でお楽しみください。
5月31日(木)に団内キャスティングオーディションを行います。
今日(5月2日)現在で、高2年1人、高1年3人、中2年2人、中1年1人の合計7人が入団することになり、
団員は26人になりました。

ショー・イリュージョン「HOT EYES!! ~KAZURAKATA ver.~」 2,200人を超えるお客様、ありがとうございました。

  1. 2018/05/01(火) 15:29:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
顧問の久田です。
4月30日(日)に開催しました新人公演ショー・イリュージョン「HOT EYES!!~KAZURAKATA ver.~」。
天候にも恵まれ、午前の部、午後の部ともに会場満員の皆さんにお越しいただき、ありがとうございました。
高校2年生は最高学年としての本番までのことを学び、
新人は初めて舞台に立つ貴重な経験を修めることができました。
お客様、
メリーアーティスツカンパニーの先生方、
名古屋工学院専門学校のみなさん、
松枝衣装店さん、
東海中学・高校サタデープログラム実行委員の諸君、
すみれ会のみなさん、
手作り衣装用にミシンを提供してくださったブラザーさん、
実に多くの方々のお力添えをいただいたおかげで、
この公演を成功させることができました。
ありがとうございました。
秋の本公演は、「ロミオとジュリエット」。
10月13日(土)に開催します。
どうぞお楽しみに。
なお、郵便によるご寄付の受付を、現在はおこなっておりません。
ご寄付の受付は、10月13日公演当日のみとさせていただきます。
ショー・イリュージョン_334
ショー・イリュージョン_32

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>